お知らせTopics information

眼科多焦点眼内レンズを用いた白内障手術について

別のウィンドウに開く 同じウィンドウに開く別のウィンドウに開く 同じウィンドウに開く

厚生労働省より、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は令和2年3月末をもって、先進医療から除外されました。これまで多焦点眼内レンズを用いた白内障手術をされた方は、民間保険で「先進医療特約」に加入されている場合、後から手術給付金が受けられましたが、給付金の支払いも対象外となりました。
 
4月1日以降、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は「選定療養」という制度に変わりました。
選定療養とは、患者さんご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、その分の費用は全額自己負担となります。術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。
当院は多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として届出をしています。多焦点眼内レンズの対象となる患者様には診療時に詳細をご説明致します。
尚、患者様自己負担分の詳しい金額については、事務員にお尋ねください。