お知らせTopics information

眼科【白内障】佐々木洋教授の専門外来

当院では佐々木教授の白内障専門外来を実施しています。
 
佐々木教授は白内障の研究/手術/臨床の第一人者であり、
これまで4万件以上の白内障手術を行っています。
多焦点眼内レンズの手術実績も豊富で、
患者様のご希望に沿うレンズを提案しています。
 
当院には約30年、月一度の頻度で来院し診察/手術をされています。
手術の執刀希望も承っておりますのでご相談ください。
 
●佐々木教授の診察日/手術日
 
 下記URL、タブクリックから確認できます。
 http://akutsu-ganka.com/topics/?id=10
 佐々木教授の来院日はこちら
●佐々木教授の経歴
 
 佐々木洋
 
 1987年  金沢大学医学部卒
 1987年  自治医科大学眼科学教室 入局
 1991年  米オークランド大学眼科研究所 研究員
 1993年  自治医科大学眼科学 助手
 1996年  金沢医科大学眼科学 講師
 2005年~ 金沢医科大学眼科学 主任教授
 
●佐々木教授の白内障手術の流れ
 
 (スマホから閲覧の方は、PC版サイトに切り替えて閲覧すると見やすいです)
 
 ①佐々木教授の執刀希望の方
  診察の際に執刀希望をお伝え頂くか、
  佐々木教授の診療日に手術希望で受診してください。
  その後日程調整を行います。
  日帰り手術、入院手術のどちらにも対応してます。
 
 ②術前検査
  通常の術前検査に加えて距離別視力検査を行います。
  多焦点眼内レンズ希望の場合は検査項目が増え、
  時間が特に掛りますのでご了承ください。
 
 ③挿入する眼内レンズの仮決定
  患者様の希望を伺い単焦点レンズ(保険適用)または、
  多焦点レンズ(保険適用または選定療養)からレンズを仮決定します。
  検査や診察の結果、様々なリスクからご希望のレンズが挿入できない場合もございます。  
  (参考)
   当院で取り扱いのある多焦点レンズは下記通りです。
   いずれのレンズもビジョンシミュレーターで体感可能です。
   
   ・テクニスアイハンス(AMO)※保険診療
    単焦点眼内レンズよりわずかにピントの合う幅が広がるレンズ     
   ・レンティスコンフォート(参天)※保険診療
    遠方から中間までピントが合うレンズ   
   ・ビビティ(アルコン)※選定療養
    遠方から中間までピントが合うレンズ   
   ・パンオプティクス(アルコン)※選定療養
    遠方から近方までピントが合うレンズ
  
    ※選定療養:多焦点レンズに掛かる費用が患者様負担になります。
          詳細は下記URLから確認できます。
          http://akutsu-ganka.com/topics/?id=81
 
 ④見え方シミュレーション
  多焦点眼内レンズを挿入する場合、
  ビジョンシミュレーターを大型モニターに映し、
  手術後の見え方を体感できます。
  ビジョンシミュレーターの詳細は下記URL通りです。
  http://akutsu-ganka.com/topics/?id=162
 
 ⑤佐々木教授の診察、レンズ決定
  手術前検査後、佐々木教授の診察において挿入するレンズが本決定します。
 
 ⑥優位眼の手術
  優位眼(効き目)から手術を行います。
  翌日は佐々木教授の術後診察となります。
 
 ⑦非優位眼のレンズ度数決定
  手術が終了した優位眼の見え方を確認しつつ患者様の希望を再度伺い、
  非優位眼(非効き目)のレンズ度数を決定します。
 
 ⑧非優位眼の手術
  もう片眼の非優位眼の手術を行います。
  翌日は佐々木教授の診察となります。
 
 ⑨両眼での見え方確認し、佐々木医師の診察
  両眼での見え方を距離別に確認し、佐々木教授の診察となります。
 
 
よろしくお願い致します。